保健師でもアルバイトとして働ける



子供がまだ幼い、家で親を介護しなくてはいけないなど家庭の事情があり、正社員として働くことが難しいという人はとてもたくさんいると思います。でもせっかく保健師の資格を持っているのならやはり資格を生かして保健師転職がしたいですよね。

実は保健師ではアルバイトとして働くこともできるのです。 アルバイトの保健師の求人は主に介護系の分野です。 実は介護のお仕事自体はどんどん求人が増え 人が足りないくらいなのです。

とにかく人手不足が深刻なところもあり、 そのような介護系の分野ではフルタイムで働けない人でも 大丈夫という職場が多いのです。 アルバイトでしたら、日勤だけとか、夜勤だけとか お昼の数時間だけなどライフスタイルに合わせて働くことが出来ます。

でも介護分野って保健師としてじゃなくて 介護士として募集しているのでは?と 思っている人も多いと思います。 確かに介護士の人材も足りてはいないのですが、 やはり高齢者の方の健康指導を行うにあたって 保健師を求めている職場がとても多いのです。

アルバイトとしてなら曜日や時間に融通が効きますし、 託児所を完備している所も多いですので、 小さいお子さんがいる人でも安心して働けます。 因みに保健師としてではなく、看護師としても アルバイトができるということも視野に入れておくと良いでしょう。

病院で看護師としてアルバイトするのも良いですが、 健康保険組合でのアルバイトですと更に 時間に融通が効きますので好きなときにだけ 働きたいなどプライベートを優先させたい人にはおすすめです。

保健師は実務経験を重視する職業であるため、 アルバイトとして実務経験を 積んでいくというのも良い方法だと思います。 アルバイトでもしっかりキャリアアップはできますし、 新人で実務経験を積んでいきたいという人にもおすすめです。

プライベートもお仕事もしっかり両立して アルバイトで確実に自分の力をつけてみてはどうでしょうか。 アルバイトの求人も、主に転職サイトに たくさん掲載されていますので、 自分の勤務条件に合った職場を是非見つけ出してください。

従業員の心の健康も保健師が支えています

ストレスは万病の元です。それは多くの方が聞いたことのある健康知識でしょう。 事実、ストレスのたまる環境で体調を崩した経験のある方は少なくはないはずです。 また、精神的なストレスが溜まりメンタルヘルスを崩してしまう方も多いですね。 現代社会を生きる私たちにとって、ストレスはとても身近なテーマとなています。

うつ病をはじめとして、精神的なストレスが引き起こす原因が会社にあることも多いはずです。 昨今では、メンタルヘルスを患い、病欠や退職を余儀なくされる事も多々耳にすることですね。

このような事態を食い止めるため、従業員のメンタルヘルスケアに力を入れる企業も随分と増えてきました。そのような場で欠かせない存在として注目を集めるのが、産業保健師の存在です。

産業保健師とは、企業に勤めその従業員の人々の疾患を防ぐ役割を担った保健師です。 単に身体的な疾患に対する予防のための指導や相談はもちろんですが、 従業員の心の健康にも目を向け、健やかな精神状態で勤務ができるようフォローする役割も持っています。

心の健康を害する原因が企業内の労働環境にあるのであれば、よりよい環境へ促すよう整備や指導を行うことも、産業保健師の背負う重要な役割なのです。

また、実際にうつ病などの病気に陥ってしまった従業員が存在しているのであれば、その従業員の職場への復帰をサポートするのも保健師の仕事です。

さらに、このような労働環境への相談はとてもプライベートな問題でもあります。「環境の改善を求めて入るけれど、他の従業員に知られたくはない・・・。」と感じる従業員も多く、大変デリケートな問題だと言えるでしょう。

そのため、相談窓口的な役割を担う保健師はそんな従業員の思いを汲み取るため、相談も匿名で受けるなどの工夫もなされているようです。ストレスによるメンタルヘルスの病気は、今や大きの企業が注目するテーマとなっています。

今後も健やかな労働環境を保つ為、産業保健師の需要がますます高まっていくのではないでしょうか。

産業保健師のあるべき姿について

保健師と一口に言っても、その活躍の場は様々です。 大きく分けて、公務員として地域住民の健康を支える行政保健師と、 企業の社員として勤め従業員の健康を支える産業保健師とに分かれます。 ここでは、産業保健師として活躍する保健師のあるべき姿勢についてお話しいたします。

行政保健師と産業保健師とでは、働く現場は異なるものの、 「人々の疾患を予防し健康を支えている」という目的は共通しています。 様々な人と関わり、一人一人の健やかな生活や勤務を支える面では、 必要とされている資格や資質に大きな違いはないと言えるでしょう。

ところが、心構えの面で言えば決定的な違いが存在しています。 産業保健師は単純に地域住民の健康のためだけに勤めている行政保健師とは異なり、 一社員として企業の業績を見越した健康サポートを行わなければなりません。

例えば行政保健師の場合、最終目的は接している相手(利用者・患者)の健康ですね。 これに対して産業保健師は、接している従業員の健康を支えることで、 最終的には企業の生産性や損得を見越しているのです。

この最終目的の差は、保健師本人がくだす判断や指導にも関わってくるでしょう。 「保健師」とひとくくりにして、その人の健康のためだけに勤めるのではなく、 自身も企業の業績を意識するべき従業員の一人であるという責任や実感を持っていなくてはいけません。

大きな企業であればあるほど、一社員である保健師の存在はちっぽけなものに感じてしまいがちです。 しかし、保健師の働きによって大きな職場の環境そのものがガラリと明るくなり、 従業員一人一人がのびのびと仕事に打ち込めるようにすることもできるはずなのです。

労働環境の大きな変化を望まなくとも、社員各々の心構えで空気は明るくもなるでしょう。 従業員とのコミュニケーションを盛んに取り、相談を受けやすい保健師であることを目指してください。 健やかな労働環境へ促し、社員の健康を支えることが、産業保健師の担う重要な役割なのです。