保健師と看護師ってどう違うの?

保健師と看護師の共通点は保健師助産師看護師法に 基づいた国家資格となるということで、 保健師の資格をとるためにはまず看護師の資格を 取得しなければなりません。 保健師は看護師の資格を取得しているため 看護師として働くことも出来ますが、 保健師の主な業務内容は保健指導を行うことです。

看護師の主な業務は医師の補助を行うことです。 患者さんに対して、健康指導を行うこともありますが、 基本的に診察の際に行い主な業務内容ではありません。 保健師の資格は、きちんと国家試験をクリアしなければ 取得することはできませんが、保健指導自体は 保健師でなくても行うことが出来ます。

ですので看護師が、患者さんに対して、 健康指導を行うということは出来るのです。 しかし、その中でも保健師は、保健指導を行い、 地域の健康を向上し貢献するのに 専門性の高い職業だと言えます。

更に、医療知識以外にも、地域の看護や 福祉サービスについてなど幅広い知識が 求められるため業務をする上では簡単な職業とは言えません。 そして保健師と看護師の違いは働く職場も違うということです。 看護師はほとんどが病院などの医療機関や 福祉関係の施設で働きます。 最近では老人ホームでも看護師は活躍しています。

保健師はというと、看護師と違って病院で働くことはなく、 ほとんどが、行政機関や一般企業、学校での勤務になります。 まれに患者さんやそのご家族に健康指導や相談を するために保健師が在籍している病院もあります。

保健師の業務内容はそのような職場で、 従業員や学生などの健康管理やメンタルケアを行うていくことです。 時には医務室などで訪れた従業員や学生の 怪我や病気に対して応急処置を行うこともあります。

やはりどちらも地域にとって必要不可欠な存在である ということは共通点だと思います。 保健師の資格を持っている人は看護師としても 保健師としても働けますが、職場環境や業務内容は このように異なりますので自分の合った職業を選ぶと良いでしょう。