保健師が仕事にやりがいを感じる時とは

保健師と言われても、一般の人は一体何をしている 職業なのか想像つかないと思います。 保健師の資格をとるために必要な看護師の資格ですが、 看護師として働いている人は全国で80万人おり、 看護師として働いていない人を入れると更に多くなります。

看護師の人口は多いですし、人間誰しも病院に行く 機会はあると思いますから看護師については 一般的によく知られている職業ですが 保健師となるとやはりイメージがしにくいようです。 保健師は実は地域の健康管理や健康増進に関して 必要不可欠な職業なのです。

いわば保健指導をするためのスペシャリストなのです。 そのため人と接する機会が多いのですが、 やはり保健師の仕事のやりがいは、人とふれあうことで、 その人の健康の役に立つことができるとうところでしょうか。

これは医師や看護師など医療関係の職業の人には 共通して言えることだと思います。 保健師は医師や看護師のように、既に病気や怪我をした 患者さんを治療して健康にするのではなく、 保健指導をすることにより病気や怪我を 予防するということが保健師の役割となります。

仕事をした結果が目に見えてわかる職業ではありませんが 自分が健康指導をした人が病気をせずに健康に 暮らしているところを見るととても嬉しくなると思います。 これが保健師の仕事のやりがいではないでしょうか。

保健師は裏方の存在であって医師や看護師に比べると 地味に感じることもあると思いますが、 裏から地域住民の健康を支えている存在であるのです。 しかし、行政保健師の場合は学校や企業で勤務する 保健師ほど保健指導や相談をすることはありません。

人と接することが好きな人などには物足りなかったり やりがいを感じられない人もいると思います。 そんなときは転職サイトを利用して転職を考えてみてはどうでしょうか? もっと健康増進に貢献できるような職場がたくさんあります。

スキルアップをするという理由でも転職をするのは良いことだと思います。 保健師の求人の多くは非公開求人として出されています。 しかし、看護師などの転職サイトを見ると 保健師の非公開求人もたくさんありますので、 業務内容や、勤務条件にこだわって探すことができます。

やりがいを感じないと思ったら、やりがいを見つけることのできる 職場へ思い切って転職してみてはどうでしょうか。